BeatSkillz Sequel 2 | ドラムサンプラー/シーケンサーが50%OFF

beatskillz-sequel-2 Plugins
beatskillz-sequel-2

BeatSkillz Sequel 2

50%OFFのセール中です。


⇒購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

BeatSkillz Sequel 2 [50%OFF]

Sequel 2は、素早いビンテージドラムマシンワークフローを復活させるドラムサンプラー/シーケンサーです。有名なドラムマシンやパターンのライブラリが含まれている、または独自のサンプルを追加することもできます。

新しいリアルタイムピッチエンジンと、トラックごとのより多くのシーケンサー機能を備えています。新しいグローバルコンプレッサー、Eqとリバーブも80年代のレコードバイブに追加されました!

ライブラリ

含まれているドラムキットライブラリも、ビンテージマシン、処理済みキット、およびキック、スネア、帽子などの単一カテゴリのヒットとして編成されています。

これにより、これらの美しいサウンドに簡単にアクセスでき、簡単にビートをすばやく作成できるため、より速く制作および作成できます。

これは、今日の法外な価格なしで、すべての有名なビンテージドラムマシンを指先で1つのボックスに収めているようなものです。

主な機能

キット内のサウンドを自分のサウンドに置き換えたいですか?問題なし。サンプルファイルをパッドにドラッグアンドドロップするか、プラグインに組み込まれているファイルブラウザから選択するだけです。

Sequel 2は、パッド/サンプルごとに、ピッチシフト、Lp / Hpフィルター、パン、レベル、リバースサンプルなどのパラメーターを備えた完全なドラムサンプラーです。サンプルの開始および終了コントロールを使用して、サンプルをトリミングすることもできます。

これにより、ブームバップ/ヒップホップビートメイキングの迅速で簡単なワークフローが指先にもたらされます。

各サンプルパッドのマルチ出力を使用してdawチャンネルにサウンドを処理し、プラグインコレクションを使用することもできます。キーボードまたはコントローラーのMIDIKeynoteに任意のパッドを割り当てます。

*追加機能にはサンプルコンテンツの移動が含まれているため、構成をコピーする手間をかけずに、ワンクリックでサンプルとコンテンツを別のドライブに簡単に移動できます。

プラグインのすべてのコントロールは、「右クリック」で簡単にMIDIマッピング可能です。 「AkaiMPCMini」のパッドはすでに割り当てられています。また、MIDIパッドコントローラーにマッドを割り当てることもできます。

ライブラリの再配置

コンピュータの内部ドライブまたは外部ドライブにコンテンツを簡単に配置し、設定アイコンを使用してライブラリを1回見つけるだけです。コンテンツはいつでもどこにでも移動して、プラグインに再接続できます。

BeatSkillz Sequel 2 | 特徴

インターフェース

・キットページ

・キットのページは非常に単純で、ご覧のとおり、すべてが視覚的にレイアウトされています。

・1〜8個のサンプルパッドスロット
・2 –すべてのパッドのボリューム、パン、ピッチ、リリースコントロール。
・3 –サイドパネル:パッドごとに次のような追加のパラメーターを制御します。
・a:サンプル波形(表示)トリム用のサンプル開始およびエンドポイントコントロール。
・b:サンプルリバース
・c:パッドに配置する他のサンプルを選択して試聴するためのサンプル選択ドロップダウン。付属のライブラリから選択するか、WAV、di ff、Flac、またはmp3形式のサンプルをロードできます。 (*サンプル長は5000ミリ秒に制限されています。)
・4 –フィルター:パッドごとのトーンシェーピング用に提供されるハイパスおよびローパスフィルター。
・5 – MIDIノートの割り当て:クリックして、選択したサンプルパッドをキーボードまたはMIDIコントローラーのノートに割り当てます。
・6 –各パッドの上部にあるPADセレクターボタンを使用すると、右側のコントロールパネルでパラメーターを変更するパッドを選択できます。
・7 –マルチ出力設定
・8 –出力音量ボタン
・9 – EQ –必要に応じて、低、中、高を調整します。
・10 –コンプレッサー
・11 –リバーブ–減衰と量を調整します

シーケンサーページ

・再生:

・1 – Seqページのレイアウトでは、8つのトラック(パッド)のそれぞれが、サンプル名が割り当てられた状態で左側に垂直に一覧表示されます。
・2 –グリッドウィンドウには、ラベルが付けられた32ステップが表示されます。
・3 –シーケンサーがDAWと同期して、または内部で再生されると、32ステップにマーカーが表示されます。このマーカーは、シーケンサーが再生している現在のステップを示すために移動します。
・4 –ステップ番号をクリックすると、ステップ1と選択されたループ終了ステップの間を循環するループが作成されます。選択したステップ番号の色が黄色に変わり、ループエンドポイントを視覚的に示します。
・5 –左上隅のクリアボタンはシーケンス全体をクリアし、シングルクリックでリセットします。

・サンプルトリガー:

・1-オレンジ色の四角は、空でトリガーがない各ステップごとのトラックを表します。ステップにトリガーを置くと、その色が黄色に変わります。正方形上でマウスボタンをクリックすると、トリガーが有効になるか、トグルボタンのように無効になり、ステップ番号の色がオレンジ色に変わります。
・2-マウスをクリックして連続してドラッグすることで、トリガーを連続して配置またはステップ実行することもできます。
・3-ステップを継続的に消去する場合も同じことができます。

・シーケンス行パラメーター:

・1-各行には、使用できる3つのコントロールがあります。
・X:行全体をクリアし、その行に配置されているすべてのトリガーを削除します。
・M:行のトリガーを一時的にミュートします。もう一度押すと、プログラムされたシーケンスのミュートが解除されて再生されます。
・S:ソロボタンは、行にプログラムされたシーケンスを再生し、他のパッドのこれらすべてのシーケンスをミュートします。
・2-シーケンスパラメータ:行をクリックして、シーケンス用の6つの行を展開します。
・ピッチ–ピッチを調整します(-12〜 + 12半音)
・ノートの長さ–ノートの長さを調整します(範囲:0〜3 ms)
・ベロシティ–ステップごとのベロシティを調整します-サンプルPADごと(範囲:0〜127)
・スイング–必要に応じて%を調整してスイングを追加します。
・リバーブ–リバーブ範囲を調整します(0半音から1半音)
・パン–パンを左から右/右から左に調整します
・目的のパラメータのステップを上にドラッグし、各ステップでその値を事前にプログラムします。ボタンをクリックして押したままにして、ステップ全体に図形を描くこともできます。これは、シーケンス内でより多くの表現を行うために、パターン内で動的な動きを作成するのに最適です。

パターンセクション

・1-MIDIドロップ:このボタンをクリックし、現在のMIDIシーケンスをDAWのMIDIまたはインストゥルメントトラックにドラッグアンドドロップしてから、インターフェイスの左下隅にあるSEQ On / o ffボタンを使用してシーケンサーをオフにします。これでパターンがDAWに転送され、そこから再生されます。これは、多くのパターンを作成し、DAW内で曲をアレンジして、Sequelで作成されたパターンから作成されたより複雑なアレンジを行うための優れた方法です。
・2-時分割ドロップダウンメニュー:ステップごとのシーケンサーの時分割を選択します。ステップごとに1BAR、1 / 2、1 / 4、1 / 8、1 / 16、1 / 32、1/64時間分割から選択します。
・3-パターンナビゲーション:使用可能な5つのスロットからパターンスロットを選択します。独自のパターンを保存するか、ドラムキットに含まれているファクトリパターンを使用します。キットごとに5つのパターンを選択して、「<」と「>」ボタンを使用してオンラインでパターンを変更することもできます。
・4-パターンの保存とクリア:このボタンを使用して独自のパターンを保存してから、ドラムキットを保存して、すべてのキット設定とシーケンサーパターンを保持します。保存したパターンを削除し、新しいパターン用のスペースを確保するには、[クリア]ボタンを使用します。

グローバルコントロール

・1 –テンポ表示:DAWに設定されている現在のテンポを表示し、DAWで行ったテンポ変更に合わせて更新します。 SequelのシーケンサーはDAWテンポに同期します。
・2 –再生/停止:このボタンは、SEQページで選択または作成されたパターンを再生または停止します。これは、SEQ on / o ffスイッチと連動して機能します。 SEQスイッチがオンに設定されている場合、シーケンサーはパターンを再生します。そうしないと、パターンが再生されません。
・3 –出力:ドラムマシンの出力ミックスレベルを制御します。メイン出力1-2に割り当てられたものはすべてここで混合され、プラグインの全体的なレベルはここで制御できます。範囲は-inf〜+6dBです。
・4 –パッドクリア「ビンアイコン」–その機能は、8つのパッドすべてに割り当てられたすべてのサンプルを削除することです。主な用途は、プリセットをクリアして、ユーザーが1つの目的のサウンドを最初からロードし、独自のキットを作成できるようにすることです。
・5 –設定:「歯車アイコン」–このボタンを使用すると、ユーザーはサンプルライブラリのデフォルトの場所をユーザーの希望する場所に変更できます。外部ドライブを使用して、コンピューターのオペレーティングシステムドライブのスペースを節約できます。

プリセットセクション

・これにより、ユーザーはさまざまな工場出荷時のプリセットやフォルダー、およびユーザーが作成したキットを簡単に選択してナビゲートできます。フライのキットをすばやく保存および削除します。 「<」および「>」ボタンを使用して、プリセットリスト内を前後に移動します

BeatSkillz Sequel 2 | 起動要求

マック
MacOS 10.14 Mojave以降(macOS Big Sur / M1 Macをサポート)
VST3、AU、AAX(64ビットのみ)
Inteli5以降/AMDAthlon64または同等のもの
2 GB RAM / 300MBHDが必要
画面解像度:1024×768

ウィンドウズ
Windows10以降
VST3、AAX(64ビットのみ)
Inteli5以降/AMDAthlon64または同等のもの
2 GB RAM / 300 MB HD
画面解像度:1024×768

BeatSkillz Sequel 2 | 購入

通常¥13,474のところ、50%OFFの¥6,669となっています。(記事作成時為替相場参照)

セールの終了日は2022/04/15(金)までです。


⇒購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました