DX7 V by Arturia | FMならではのサウンドのシンセサイザーが50%OFF

dx7-v-arturia-fm Plugins
dx7-v-arturia-fm

DX7 V by Arturia

50%OFFのセール中です。


⇒ DX7 V の購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

DX7 V by Arturia [50%OFF]

DX7 Vは、80年代サウンドの代名詞となったFMデジタル・シンセサイザーを正確にモデリング。私たちの機能強化は、新しい DX7 V をいつまでも変わらないサウンドにするために、さらに多くのことを追加します。

1983 年、DX7 は音楽の世界を変えました。今日、DX7 V はそれを再び変える力を与えてくれます。

DX7 のサウンドほど 80 年代と言えるものはありません。私たちの本物の再現は、キーボードと現代音楽の両方の歴史の中で楽器を尊敬する場所にしたのと同じ FM デジタル技術とサウンドをすべて提供します。しかし、私たちはそれを複製するだけにとどまらず、再想像しました。新しいオペレーター ウェーブ、広範なモジュレーションの追加、アルペジエーター、オンボード FX チェーンにより、サウンドの可能性が飛躍的に向上します。おまけとして、直観的なグラフィック インターフェイスにより、かつては困難だったプログラミング作業が、今日では創造的な喜びになります。

80 年代に無数のヒット曲を生み出したこの楽器に、ブースター ロケットを搭載しました。これで、今日と明日の決定的なサウンドを作成できます。

FMならではのサウンド
あなたの音楽はユニークです。DX7 Vの音もそうです。

周波数変調 (FM) 合成は、ある波形を別の波形で変調して、アナログの兄弟よりもはるかに複雑な高調波プロファイルを生成することによって機能します。これらのサウンドは、アコースティックで有機的なものから合成的で機械的なものまで、その過程で微妙なエネルギーから急進的なエネルギーにまで及びます。豊富なプリセット ライブラリのおかげで、FM の専門家でなくてもこの音響パワーをすべて活用できます。DX7 V には、エレクトリック ピアノ、ベース、マリンバ、シンセなど、80 年代のヒットを生み出したすべてのシグネチャー FM サウンドのライブラリに加えて、当社のエリート サウンド デザイン チームによるホットな新しいサウンドの広範なバッテリーが付属しています。

FM シンセシスを地図に載せる馴染みのあるサウンドを探している場合でも、新しい領域を開拓している場合でも、DX7 V はキーボード コレクションに含める決定的なデジタル シンセです。

拡張機能で内なるサウンド デザイナーを解き放つ
DX7 V は、新しい楽器や効果音をカスタマイズして作成するためのユニークなツールを提供します。

FM シンセシスは、アナログ設計からの根本的な脱却により、新しい音空間を描くのに役立ちます。DX7 V は、自然なサウンドの楽器からユニークなシンセ、エイリアンの世界まで、信じられないほどのスペクトルのサウンドを生成することができ、FM 特有のクリスタルのような透明度とパンチの効いたトランジェントをすべて備えています。このような極限の深みと可能性を秘めた楽器を持つことは、すべての音響探検家の夢であるため、私たちはさらに先へ進むことに挑戦しました。複数の波形、各オペレーターのフィルターとフィードバック ループ、新しいモジュレーション ソース、モンスター ユニゾン モードなど、多数の新機能を追加しました。

DX7 V は、独自の音楽ステートメントを作成するのに役立つ、ユニークな新しい楽器やイヤー キャンディーをデザインするための完璧なデザイン ツールです。

デザインエレガンスとサウンドデザインパワーの出会い
DX7 V は、計器の劇的に拡張されたすべての機能を直感的に制御できる見事なインターフェイスを備えています。

元のデザインの感触を維持しながら、DX7 V のメイン インターフェイスを合理化して、使いやすく理解しやすくしました。ここでは、日常のパフォーマンス コントロールのみを整理したプレゼンテーションと、新しい音の構造を視覚化して探索するための基礎を見つけることができます。サウンドの詳細なキャラクターとアニメーションをより深く掘り下げて肉付けする準備ができたら、ワンクリックでプログラマーの鋭いコントロールの楽園を提示し、退屈なオリジナルのハードウェア インターフェイスを何光年も超えて表示します。使いやすさと DX7 V のすべての追加機能のバランスを取るタブ付きウィンドウは、強化されたオペレーター、追加のエンベロープ、マトリックス モジュレーション、ステップ シーケンサー、FX アーキテクチャなどにまたがる論理的にグループ化された機能に簡単に指を置くことができます。

豊富なライブラリ サウンドを再生したいだけでも、独自のサウンドをプログラムしたいだけでも、DX7 V は使用する夢です。

DX7 V by Arturia | 特徴

DX7 V by Arturia

・32個のオリジナルDX7アルゴリズム
・すべての DX7 オリジナル パラメータ
・元の DX7 SysEx インポート
・オペレータごとに 25 の利用可能な波形
・マルチモードフィルターとオペレーターごとのフィードバックを備えた6人のオペレーター
・オペレーターごとの DX7、DADSR、およびマルチセグメント エンベロープ (同期可能およびループ可能)
・2つのモジュレーション・エンベロープ
・4つの割り当て可能なマクロ
・高度な変調マトリックス
・ステップシーケンサー、6 波形の 2 つの LFO、アルペジエーター
・並列または直列にルーティングできる 4 つの FX スロット
・オシロスコープ
・プリセットブラウザ
・再設計されたプリセット ブラウザを使用すると、探しているサウンドだけをすばやく見つけることができます。
・名前で検索するか、適切なタグを選択するだけで、探している正確な音のキャラクターにダイヤルインできます。自分のお気に入りをマークして呼び出したり、コメントを入力したり、プレイリストを設定したりできます。デザイナーやパーソナル プリセットのライブラリをこれまで以上に直感的に管理できます。
・サイズ変更可能な GUI
・すべての Arturia インストゥルメントのユーザー インターフェイスがサイズ変更可能になり、任意の高解像度スクリーン、UHD または Retina で簡単に作業できるようになりました。
・画面いっぱいに古典的な楽器の良さを素晴らしいグラフィックで再現するか、DAW で作業していて画面の領域が限られているときにウィンドウを縮小するか、または詳細な作業のためにズームするかを決定できます。

DX7 V by Arturia | 起動要求

マック
MacOS 10.13 以降 (64 ビットのみ) (M1 Mac はまだ正式にサポートされていません)
4 GB の RAM; 2.5GHzのCPU
OpenGL 2.0対応GPU
スタンドアロン、VST 2.4、VST 3、AAX (Pro Tools 11 以降)、Audio Unit、NKS で動作
ウィンドウズ
Win 8.1+ (64 ビットのみ)
4 GB の RAM; 2.5GHzのCPU
OpenGL 2.0対応GPU
スタンドアロン、VST 2.4、VST 3、AAX (Pro Tools 11 以降)、NKS で動作
保護
すべての Arturia ソフトウェアは、Arturia Software Center によって保護されています。

DX7 V by Arturia | 購入

DX7 V by Arturia

通常¥21,995のところ、50%OFFの¥10,924となっています。(記事作成時為替相場参照)

DX7 V セールの終了日は2022/08/11(木)までです。


⇒ DX7 V の購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました