Equalize by Acon Digital | 各帯域のフィルタースロープを自由に調整できるEQが30%OFF

equalize-acon-digital Plugins
equalize-acon-digital

Equalize by Acon Digital

30%OFFのセール中です。


⇒ Equalize の購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

Equalize by Acon Digital [30%OFF]

Acon Digital Equalizeは、独自の機能と優れたワークフローおよび直感的なユーザーインターフェイスを組み合わせたパラメトリックイコライザープラグインです。他のイコライザーとは異なり、中心周波数、ゲイン、帯域幅だけでなく、各帯域のフィルタースロープも自由に調整できます。フィルタスロープは、オクターブあたり3dBから超シャープな120dBまでのどこにでも設定できます。言うまでもなく、最小フェーズモードを使用する場合は、ゼロレイテンシプラグインとしてEqualizeを操作するか、線形フェーズモードで位相関係を維持することを選択できます。ただし、Equalizeはさらに一歩進んで、フェーズの関係を可能な限り維持しながら、レイテンシを5〜120ミリ秒の範囲で自由に設定できる独自の混合フェーズモードを導入しています。これにより、線形位相フィルタリングで一般的な問題となる潜在的なプリリンギングアーティファクトを独自に制御できます。20ミリ秒未満の遅延値は、可聴周波数範囲全体のタイムアラインメントを維持しながら、人間の聴覚の一時的なマスキングによって事前リンギングがマスクされることを保証します。

使いやすいユーザーインターフェイスを提供するために細心の注意が払われています。帯域幅やフィルタースロープなど、周波数応答のグラフィック表現でハンドルを直接使用して、帯域パラメーターを調整できます。柔軟なリアルタイムアナライザーを使用すると、処理のあらゆる側面を監視できます。各バンドのフル、ミッド、サイド、レフト、またはライトのチャンネル処理を簡単に切り替えることができ、Equalizeはオーディオ信号を内部で自動的にルーティングして、最良の結果と可能な限り低いレイテンシーを保証します。

ハイライト

8つの異なるバンドフィルタータイプ—ローカット、ローシェルフ、ピーク、チルト、バンドパス、ノッチ、ハイシェルフ、ハイカット
最大12の独立したバンド
自由に調整可能なゲイン、周波数、帯域幅、レゾナンス、フィルタースロープ
レイテンシーを調整可能な新しい混合相モードを含む、3つの異なる相モード
各バンドのチャンネルモードを個別に選択します(ミッド、サイド、レフト、ライト、またはフルプロセッシング)
Acon Digital Equalize 2は、Windows(PC)とOS X(Macintosh)の両方で使用できます。32ビットバージョンと64ビットバージョンの両方が利用可能であり、プラグイン形式のVST、VST3、AAX、およびオーディオユニット(OS Xのみ)がサポートされています。バージョン2へのアップグレードは、すべてのEqualizeのお客様に無料で提供され、ライセンスキーはバージョン2で有効です。

Equalizeの新しいバージョンには、チルトとバンドパスの2つの新しいフィルタータイプが含まれています。現在、合計8つの異なるフィルタータイプを提供しています。以前に利用可能だったフィルターと同様に、チルトフィルターとバンドパスフィルターはどちらも、オクターブあたり3〜120dBの範囲で独自の連続的に調整可能なフィルタースロープを提供します。

イコライザーカーブの周波数範囲は、周波数軸のエッジをドラッグして簡単に変更したり、中央をクリックしてドラッグしたりすることで移動できます。これにより、特定の周波数範囲にズームインして、より正確な制御が可能になります。新しい設定ページには、アナライザーの解像度やユーザーインターフェイス言語などのユーザー設定が表示されます。もう1つの新機能は、周波数軸の上にあるオプションのピアノキーボードディスプレイです。ピアノの鍵盤のキーをクリックすることで、音色の周波数に合わせてバンド周波数を簡単に設定できます。

一目でわかる新機能

2つの新しいフィルタータイプ—チルトフィルターとバンドパスフィルター
イコライザーカーブエディターで調整可能な周波数範囲
オプションのピアノキーボードディスプレイ
EUCONとProToolsHWコントローラーの完全サポート
スペクトラムアナライザ、ツールチップ、言語、ピアノロールの設定を含む新しい設定ページ
周波数傾斜を調整可能なスペクトラムアナライザ

Equalize by Acon Digital | 特徴

Equalize by Acon Digital

・プラットフォームとプラグインフォーマット
・PC(Windows)でVST、VST3、またはAAXプラグインとして利用可能
・Apple Macintosh(OS X)でVST、VST3、AAX、またはAUプラグインとして利用可能
・すべてのプラグインのネイティブ32ビットまたは64ビットバージョンが利用可能です
・最大96kHzのサンプリングレートをサポート
・5.1および7.1サラウンドなどのマルチチャネルフォーマットをサポート
・エイコンデジタルイコライズ
・最大12のイコライザーバンド
・8種類のバンドフィルタータイプ(ローカット、ローシェルフ、ピーク、チルト、バンドパス、ノッチ、ハイシェルフ、ハイカット)
・帯域周波数、ゲイン、帯域幅、レゾナンス、フィルタースロープは帯域ごとに自由に調整できます
・3つの異なるフィルターモード、最小フェーズ、線形フェーズ、または新しい混合フェーズ
・混合フェーズモードでの調整可能なレイテンシとプリリンギング時間
・最小フェーズモードでのゼロレイテンシ
・チャネルモード(ミッド、サイド、レフト、ライト、またはフルプロセッシング)は、バンドごとに個別に設定できます
・バンドの複数選択
・サイズ変更可能なグラフィカルユーザーインターフェイス
・ソロモードとバイパスモード
・オプションの自動メイクアップゲイン
・帯域幅リンクへのオプションのゲイン
・中央、側面、左、または右チャネルからの入力または出力信号を分析できる2つのスペクトラムアナライザ
・イコライザー周波数応答のグラフィカルな視覚化
・プリセットマネージャーと多数のファクトリープリセット
・ユーザープリセットの保存、読み込み、分類

Equalize by Acon Digital | 起動要求

PC版(Windows)
Windows 10/8/7
Intel Core i3またはAMDマルチコアプロセッサ(Intel Core i5以降を推奨)
1366 x 768のディスプレイ解像度(1920 x 1080以上を推奨)
1 GB RAM(4 GB以上を推奨)
1GBの空きHDスペース
VST、VST3またはAAXと互換性のあるホストアプリケーション(Pro Tools 10.3.5以降)
Macintosh版(OS X)
macOS / OS X 10.9以降(macOS 11 Big SurIntelおよびM1Macをサポート)(64ビットのみ)
ARM64およびIntelでネイティブに実行
1 GB RAM(4 GB以上を推奨)
1GBの空きHDスペース
AU、VST、VST3またはAAXと互換性のあるホストアプリケーション(Pro Tools 11以降)

Equalize by Acon Digital | 購入

Equalize by Acon Digital

通常¥14,867のところ、30%OFFの¥10,270となっています。(記事作成時為替相場参照)

Equalize セールの終了日は2022/07/01(金)までです。


⇒ Equalize の購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました