Harrison Consoles 32C Bus | バスプロセッシングプラグインが44%OFF

harrison-consoles-32c-bus Plugins
harrison-consoles-32c-bus

Harrison Consoles社のプラグイン「32C Bus」が44%OFFのセール中です。


⇒購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

Harrison Consoles 32C Bus [44%OFF]

32C Busは、Mixbus32Cテープ・サチュレーション/ドライブ・プロセッサー、32Cハイパス・フィルター搭載バス・コンプレッサー、Mixbus32C 3バンド・バスEQ、Mixbus32Cマスター・ストリップ・リミッターというHarrisonの4つのプロセッサーを1つにまとめた総合バス処理プラグインです。

新しいクロスフォーマット32C Busプラグインは、Mixbus32C Tape Saturation / Driveプロセッサー、Harrisonの有名な32C Hi-Pass フィルターを備えたBus Compressor、Mixbus32C three-band Bus EQ、Mixbus32C Master Strip Limiterという4つのHarrisonプロセッシングモジュールを組み合わせて、1つの総合バス処理プラグインにしたものである。

主要なワークステーション・フォーマットで提供されます。AAX、AudioUnit VST、VST3で提供され、ほぼすべてのホストDAWに対応します。

テープサチュレーションドライブ

2009年、HarrisonはDAWのワークフローを新たな次元に引き上げました。Mixbusと後のMixbus32Cの導入により、Harrisonは世界中のスタジオにクラシックなアナログコンソールのレイアウトとサウンドを復活させました。この新しいDAWの成功の大部分は、DAWのすべての専用ミックスバスに搭載された巧妙で素晴らしいサウンドのTape Saturation Driveプロセッサーによるものでした。

32C Busでは、その革新的なトゥルーアナログサウンドを、使用するホストに関係なく実現することができます。Harrison Tape Saturation Driveプロセッサを搭載した新しい32C Busプラグインは、伝説的なサウンドを求める人にとって必需品と言えるでしょう。

コンプレッサー

バスプロセッシングプラグインは、優れたコンプレッサーなしには完成しません。 32C Busコンプレッサーのストーリーは、1985年にHarrisonがデジタル制御のアナログ音楽コンソールSeriesTenを開発した時に始まります。このコンソールの各出力チャンネルには、フルデジタル制御のアナログコンプレッサーが搭載されていました。

32C Bus Compressorには以下が含まれます。

有名な32Cアナログ・コンソールのフィルター・セクションをモデルにした、内蔵サイド・チェーン・ハイパス・フィルター。
スレッショルド、レシオ、リリース、アタック、ゲインメイクのフルコントロール。
大型の入力メーターとゲインリダクションメーター

Bus EQ

32C Bus EQは、MixbusとMixbus32C DAWのすべての専用バスチャンネルに搭載されているEQを改良したものです。

32C Bus EQは以下を含みます。

3 バンドトーンコントロール
新しい可変ハイバンド周波数コントロール
プリとポストコンプレッサーの選択
リミッター/出力セクション

32C Busの出力セクションには、クラシックな「リミッター」と「K12出力メーター」が搭載されています。K12メーターのイエロー・エリアを狙えば、完璧なミックス・レベルを得ることができます。

Harrison Consoles 32C Bus | 特徴

・ホストDAWのサポート
・Pro Tools – Windowsはバージョン10.3.5以降、Macはバージョン11以降が必要(インストール時にAAX形式を有効にしてください。)
・Logic – インストール時にAU形式を有効にしてください。
・Cubase – インストール時にVSTおよび/またはVST3形式を有効にしてください。
・その他のほとんどのDAW – インストール時にVST形式を有効にします。

Harrison Consoles 32C Bus | 購入

通常¥11,849のところ、44%OFFの¥6,524となっています。(記事作成時為替相場参照)

セールの終了日は2022/03/31(木)までです。


⇒購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました