Kiive Audio Tape Face | クラシックなアイルランドのテープマシンが68%OFF

kiive-audio-tape-face Plugins
kiive-audio-tape-face

Kiive Audio Tape Face

68%OFFのセール中です。


⇒購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

Kiive Audio Tape Face [68%OFF]

Tape Faceは、クラシックなアイルランドのテープマシンのアナログエミュレーションであり、すべてのミックスで汎用性を提供するためにいくつかの機能が追加されています。

TapeFaceは、マスターバスまたはサブグループバスに温かみのあるアナログキャラクターを追加するのに最適です。カスタムバイアスアルゴリズムを使用して、ドラムとベースに独自の低中音域と彩度を追加します。または、CPUに優しいオーバーサンプリングを使用して、物理テープレコーダーでの録音をエミュレートするためにすべてのトラックにスローします。

Kiive Audio Tape Face | 特徴

新しいテープモード

・赤と白(I)-このモードは、元のテープ面とまったく同じです。歪みを最小限に抑えながら、パンプなテープサウンドを得るのに最適です。この設定は、調教が必要なトランジェントが重いミックスバスまたはドラムに最適です。
・青(II)-このテープモードは、ここkiiveで私たちのお気に入りです(この設定のすべてのプリセットでわかるように)。このモードは、入力が駆動されるときに、滑らかで滑らかなハイエンド、ローエンドのバンプ、および非常に使いやすいテープ圧縮を備えた、ほぼ完全に調整されたテープマシンをエミュレートします。ミックスバスや仕上げに最適です。
・グレー(III)-このテープモードは、すべてのloFiプロデューサーを念頭に置いて作成されました。暗くてザラザラしたスタイルのテープサチュレーションで、プッシュするとゲインリダクションとハーモニクスが大きくなります。

入出力

・TapeFaceのIn/Outセクションでは、トラックに微妙なテープサチュレーションを追加したり(ユニティゲイン(0)のままにした場合)、入力ノブを回してサウンドをよりアグレッシブなディストーションにドライブしたりできます。このセクションには、を押したときに出力音量を自動的に減衰させるリンクボタンも含まれています。

メーター/IPS

・TapeFaceのMeter/IPSセクションでは、VUメーターのスタイルを入力信号、ゲインリダクション、および出力信号から変更できます。 IPSスイッチを使用すると、7.5IPSと15IPSを切り替えることができます。

テープバイアス/低ブースト

・TapeFaceのBias/Low Boostセクションでは、テープバイアスを通常から+3に調整できます。低ブーストボタンは、低周波数のEQカーブと連動して、入力を押している間に失われたローエンドを補います。ノイズノブを使用すると、アナログテープマシンに見られるノイズとハムの音量を調整できます。

Kiive Audio Tape Face | 起動要求

マック
Mac OS X 10.7以降(macOS 10.13以降を推奨)(64ビットのみ)
M1と互換性がありますが、ネイティブではありません
プロセッサー:1GHzIntelデュアルコア以上
1 GB RAM
画面解像度-1024×768以上
フォーマット-VST、AU、AAX

ウィンドウズ
Windows 7以降(64ビットのみ)
プロセッサー:1GHzIntelデュアルコアプロセッサーまたは同等のAMD
1 GB RAM
画面解像度-1024×768以上
フォーマット-VST、AAX

Kiive Audio Tape Face | 購入

通常¥10,866のところ、68%OFFの¥3,395となっています。(記事作成時為替相場参照)

セールの終了日は2022/04/12(火)までです。


⇒購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました