OptoRED by Tone Empire | オプティカルコンプレッサーが75%OFF

tone-empire-optored Plugins
tone-empire-optored

OptoRED by Tone Empire

75%OFFのセール中です。


⇒ OptoRED の購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

OptoRED by Tone Empire [75%OFF]

OptoREDは、数え切れないほどのヒットレコードで使用されているクラシックなアメリカのユニットに基づいた透明なオプティカルアッテネーター(コンプレッサー)です。これは、新しいEnhancedClassicsシリーズの一部です。

コンプレッションは、エンジニア、音楽プロデューサー、アーティストにとって最も重要なツールの1つです。これは、音のレベルを自動的に制御するという当初の目的をはるかに超えるデバイスになりました。

今日、私たちは楽器、パーカッション、ドラム、声にバイブ&フィールを誘発するために、さまざまなタイプのコンプレッサーを使用しています。デジタルおよびアナログコンプレッサーは長い道のりを歩んできましたが、いくつかのクラシックは今日でもなお好まれています。なぜなら、それらは現在、それ自体が楽器と見なされているのと同じくらいジャンルや音楽スタイルの一部になっているからです.

ToneEmpireは、これらのクラシックなデバイスにインスパイアされていますが、より柔軟で拡張されたトーンを必要とする高度なシステムに取り組んでいる今日の現代のミュージシャン、エンジニア、プロデューサーに拡張機能を提供することを切望しています。したがって、彼らは現在、EnhancedClassicsと呼ばれる新しい一連のプロセッサを開始しました。

このシリーズの第1弾はOptoREDコンプレッサーです。名前が示すように、これは有名なアメリカンクラシックチューブオプティカルコンプレッサーをベースにしたオプティカルコンプレッサーで、これまでのあらゆるヒットレコードに使用されています。アイデアは、1:1のエミュレーションから始めて、元の機能をはるかに超えたものにすることでした。

サイドチェーン回路、ローパスフィルター、オートゲイン、ウェット/ドライミックスなどの機能を内蔵したオプティカルコンプレッサーです。これにより、ボーカルやベースに適しているという本来の意図を超えることができます。OptoREDは、ドラム、シンセ、パーカッション、および電子楽器とアコースティック楽器の両方を殺します。

Lo-CutFilterは、アーティストがこれをトラッキングコンプレッサーとしても使用できるように設計されており、トラッキング時に不要な低周波数を取り除き、トラッキングに最適な低レイテンシーの圧縮信号を取得します。

オリジナルのクラシックとは異なり、OptoREDは非常にクリーンで、不要な着色を一切与えません。

OptoRED by Tone Empire | 特徴

OptoRED by Tone Empire

・圧縮機能
・このノブは反時計回りに機能し、コンプレッサーのスレッショルドコントロールです。
・範囲は+10dBから-30dBに設定されます。
・右に回すとさらに圧縮されます。
・コンプ| リミットスイッチ
・このスイッチは、小さい圧縮率と非常に大きい圧縮率の間でデバイスを切り替えます
・コンプレッサーモードまたはリミッターモードから選択します。
・ローカット
・これは、「オフ」設定から100hZまでの12dBローカットシェルビングフィルターです。
・これは、ボーカル、ベース、その他の楽器を追跡するときに、ユーザーが非常に低い周波数を自動的に除外できるようにするために実装されています。
・ウェット/ドライミックス
・一番左の位置では、このノブは処理された圧縮信号のみを通過させます。
・これにより、ユーザーは、今日のワークフローで必要とされるより多くのトーンシェーピングと並列処理オプションを利用できるようになります。
・サイドチェーンオン/オフスイッチ
・これにより、サイドチェーン回路がオンまたはオフになります。
・ゲイン、周波数、コントロール
・コンプレッサーは、受信信号のフィルタリングされたバージョンを受け取り、サイドチェーンをトリガーします。
・ゲインコントロールで
・Inノブは、OptoredProcessorに入る入力信号のレベルを-48dB(無音)から+24dBの範囲でコントロールします。
・これは、プロセッサのしきい値に影響します。
・自動スイッチオン/オフ
・このスイッチは、AutoGain回路のオンとオフを切り替えます。
・スレッショルドノブを右に回すほど、圧縮された信号にゲインが追加されます。
・メイクアップゲイン
・このコントロールは、AutoGainシステムの後で処理された信号のレベルを処理し、処理された信号のレベルを増減するために使用できます。
・このコントロールの範囲は-48dBから+24dBです。

OptoRED by Tone Empire | 起動要求

マック
MacOS10.13以降(Intel/NativeM1対応)(64ビットのみ)
VST3/AU/AAX(64ビットホストが必要)
AMDRyzenまたは同等品
2GBRAM/300MBHDが必要
画面解像度:1024×768
ウィンドウズ
Windows10以降(64ビットのみ)
VST3/AAX(64ビットホストが必要)
AMDRyzenまたは同等品
2GBRAM/300MBHD
画面解像度:1024×768
重要な注意点:
このソフトウェアは64ビットとのみ互換性があり、32ビットシステムでは機能しません。

OptoRED by Tone Empire | 購入

OptoRED by Tone Empire

通常¥12,902のところ、75%OFFの¥3,103となっています。(記事作成時為替相場参照)

OptoRED セールの終了日は2022/10/22(土)までです。


⇒ OptoRED の購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました