Polaris by Audiority | 初期のデジタルエコー&リバーブが35%OFF

audiority-polaris Plugins
audiority-polaris

Polaris by Audiority

35%OFFのセール中です。


⇒ Polaris の購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

Polaris by Audiority [35%OFF]

Polarisは、1970年代後半の初期のハードウェアデジタルリバーブにインスパイアされたエコー/リバーブプラグインで、単一のマルチタップディレイラインからエコー、アンビエンス、リバーブを提供できます。

ハードウェアのデジタルリバーブが市場に出たとき、それらは非常に高価でした。ほとんどのメーカーは、櫛型フィルターとオールパスフィルターのチェーン(よりスムーズなリバーブですが、リソースとチップの両方で高価です)をすでに活用していましたが、手頃な価格を維持しながら妥当なリバーブを作成するために単一のマルチタップディレイラインを使用する他の手法がありました。

そのアイデアは非常にシンプルですが強力です。モジュレートされていないタップ(アーリーリフレクション)と残りのモジュレートされたタップ(ディフュージョン)をミックスして、安っぽいが説得力のあるリバーブを作成します。

ディフュージョンセクションでエコータップを再循環させることで、このテクニックを拡張し、より長いリバーブテールを可能にしました。さらに、すべてのタップを簡単に編集して、独自のルームレスポンス、レゾナンスコーム、Karplusのようなチューニングされたディレイライン、コーラス、フランジング、ビブラートなどを作成できます。

v1.1から、シマー、内部サンプルレートリダクション(ビンテージデジタルサウンドを得るのに便利)、ステレオ幅(ピンポンディレイ)などの新機能を導入しました。

v1.3から、入力信号のトランジェントをスムーズにするスウェル機能を導入し、アタックタイムが自動的にディレイタイムと一致するようにしました。この新機能は、アンビエントギター、強烈なエンドレスパッドなどに最適です。

v1.5から、新しいEchoエディターページにプリディレイ、モジュレーションブースト、3バンドフィードバックイコライザーが導入されました。

変更ログv1.7(2020年2月)

新機能:HQモード
NEW:ニュースフィード
NEW:VST3プラグイン形式
修正:MacOSXCatalinaのサポート
重大な変更:32ビットのサポートを廃止

Polaris by Audiority | 特徴

Polaris by Audiority

・シングルマルチタップディレイライン
・プリディレイ(NEWv1.5)
・初期反射(プログラム可能な8つのタップ)
・拡散(16のプログラマブル変調タップ)
・エコー(Ms、Sync、Tuned、Long)
・エコー変調
・変調ブースト(NEWv1.5)
・3バンドフィードバックイコライザー(NEWv1.5)
・LFO(Sin/Tri/Rnd–Hz、同期)
・シマー
・サンプルレートの削減
・ステレオ幅
・うねり

Polaris by Audiority | 起動要求

パソコン
Windows7(64ビットのみ)
Inteli5以上
2GBのRAM
画面解像度:1024×768
VST2、VST364ビットホスト
PT11以上、AAX64ビットホスト
MAC(インテル)
OSX10.8以降(64ビットのみ)
Inteli5以上
2GBのRAM
画面解像度:1024×768
VST2、VST3、AU64ビットホスト
PT11以上、AAX64ビットホスト
MAC(シリコン)
macOS11.0以降(64ビットのみ)
AppleM1以上
2GBのRAM
画面解像度:1024×768
VST2、VST3、AU64ビットホスト
PT11以上、AAX64ビットホスト
重要な注意:このソフトウェアは64ビットのみであり、32ビットシステムでは機能しません。

Polaris by Audiority | 購入

Polaris by Audiority

通常¥7,205のところ、35%OFFの¥4,643となっています。(記事作成時為替相場参照)

Polaris セールの終了日は2022/10/16(日)までです。


⇒ Polaris の購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました