Boost by UrsaDSP | 上向きの焦点を当てたプロダイナミクスが27%OFF

ursadsp-boost Plugins
ursadsp-boost

Boost by UrsaDSP

27%OFFのセール中です。


⇒ Boost の購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

Boost by UrsaDSP [27%OFF]

Boost は、UrsaDSP による超低歪みの上方リミッターです。

その革新的なデザインは、歪みを受け入れることを強制することなく、ダイナミクスを制御する新しい方法を提供します。

トラック、グループ、マスター バスで使用して、レベルを上げたり、上方リミッティングで隠されたディテールを明らかにしたり、ミッドサイド モードでステレオ イメージを改善したりできます。

ラウドネスとピークレベルの正確なコントロール

ブーストを使用すると、他のリミッターとは異なり、音量を上げるためだけにミックスのキャラクターを窒息させる必要はありません。Boost独自のTrajectoryTechnologyにより、オーディオをクリーンで歪みのない状態に保ちます。

または、キャラクターが必要な場合は、エンファシスコントロールを使用して、ピークレベルを上げずにトランジェントの音響心理学的ラウドネスを強化します。そのため、初めて、知覚されるラウドネスとピークレベルを個別に制御できます。

トゥルーピークコントロールでクリッピングを排除

どれだけゲインリダクションを適用しても、クリッピングは発生しません。

ブーストは、サンプル間のオーバーを排除することさえできます。これらにより、DACが歪み、圧縮中にアーティファクトが作成され、ストリーミングプラットフォームで予期せずラウドネス制限がトリガーされます。明瞭な真のピーク検出器は、ミックスのサウンドを変えることなく、Boostの特徴である超低歪みを維持しながら、サンプル間のオーバーを除去します。

ダイナミクスの軌跡と未来

DSPの発明にもかかわらず、ほとんどのプラグインコンプレッサーは60年前の技術を模倣しています。

一部のプラグインは先読みを追加していますが、それでもすべての制限とともに同じ基本原則を使用しており、反応するときにトランジェントを歪めています。

Trajectoryは元の要件(オーディオレベルの制御)に戻り、最新のデジタル信号処理でのみ可能な新しい技術を使用します。オーディオがトランジェントにヒットしたときに永遠にキャッチアップを再生する代わりに、Trajectoryはすでにそれを許可し、適切な曲線をプロットしてオーディオを優雅かつ音楽的に処理します。

ブーストを使用すると、音量を歪みから分離できます。初めて、放送用の標準レベルにするためだけにミックスを押しつぶす必要がなくなり、音楽のサウンドを自由に選択できるようになりました。

Boost by UrsaDSP | 特徴

Boost by UrsaDSP

・超低歪み–信じられないほど透明
・サンプル間のオーバーを防止
・フォーカスは上向きからブリックウォールリミッティングまでスムーズに変化します
・ミッドサイドモードによる立体画像操作
・キャラクターのドライブモードと強調モード
・最大ゲインコントロールでリバーブテールを維持します。
・並列圧縮

Boost by UrsaDSP | 起動要求

マック
MacOSX10.7以降(64ビットのみ)
VST3/AU/AAX

ウィンドウズ
Windows7以降(32または64ビット)
VST3/64ビットAAX。
注意:VST2形式はサポートされていません。

Boost by UrsaDSP | 購入

Boost by UrsaDSP

通常¥16,709のところ、27%OFFの¥12,110となっています。(記事作成時為替相場参照)

Boost セールの終了日は2022/11/30(水)までです。


⇒ Boost の購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました