AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles | コンプが89%OFF

harrison-consoles-ava-multiband Plugins
harrison-consoles-ava-multiband

AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles

89%OFFのセール中です。


⇒ AVA Multiband Compressor の購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles [89%OFF]

AVAマルチバンドコンプレッサーとは?

AVAMultibandCompressorは、Harrisonの有名なMultibandCompressionアルゴリズムの最新の実装であり、世界中の超ハイエンドのポスト&フィルム施設で使用されています。第4世代のハリソンマルチバンド圧縮アルゴリズムは、ハイエンドの音楽、映画、放送、ビデオのポストプロダクションのお客様によって継続的に微調整されてきました。

「真のアナログ・イン・ザ・ボックス」サウンドに対するHarrisonの評判は、オリジナルのサウンドとキャラクターを維持しながら、最初にアナログ・プロセッサーを作成し、次にプロセッサーをデジタルに変換する独自の開発遺産によるものです。

結果は、典型的な「ハリソン」です。楽で、滑らかで、透明です。

コントロール
グラフ

メイン表示グラフは、4つのバンド周波数と深さを制御します。

バンド内の任意の場所をクリックしてドラッグを開始し、そのバンドの周波数と深さを変更します。スクロールホイールを使用すると、深さだけを調整して、必要な量を正確にダイヤルできます。

RTAコントロール

メインディスプレイには、高精度で高速なRTAアナライザー(「スペクトラムグラフ」または「スクロールグラフ」)も搭載されており、PREまたはPOSTEQの変更に使用できます。また、ディケイノブを備えており、ディスプレイのディケイレートとトリムコントロールを制御できます。

入力しきい値コントロール

メインの入力メーターとスレッショルドスライダー(左側)は、プラグインに渡される素材の量を制御します(-60dB~0dB)。しきい値スライダーを下に移動すると(しきい値が低くなります)、全体的な圧縮効果が増加します。
それに加えて、各バンドには独自の入力メーターとしきい値があり、各バンドが処理している素材の量を細かく制御できます(-15dBから+15dB)。

バンドバイパスとバンドソロのコントロール

関連する「IN」ボタンをクリックすることで、すべてのバンドをバイパスして処理から削除できます。

すべてのバンドはソロにすることもできるので、バンドが取り組んでいる素材を聞くことができます。

帯域周波数と帯域深度のコントロール

バンド周波数コントロールは、バンドの帯域幅の低周波数を制御します。バンドの開始周波数を調整すると、それに隣接するバンドの幅に影響する場合があります。使用可能な周波数設定は次のとおりです。7

バンド1-20hz
バンド2-50-400hz
バンド3-145hz-2.5kHz
バンド4-1kHz-8kHz
アタック、リリース、ニー、メイクアップゲイン

Attack(200μs-20ms)-「Attack」ノブは、信号がスレッショルドを超えて完全に圧縮されるまでの時間を制御します。
Release(20ms-200ms)-「Release」ノブは、信号がスレッショルドを下回った後、圧縮されていない状態に戻るまでの時間を制御します。
Knee(3dB-24dB)-「knee」コントロールは、完全な圧縮を達成するために信号がスレッショルドをどれだけ超えなければならないかを定義します。ニーの設定を小さくすると、よりアグレッシブなコンプレッションになります。
メイクアップゲイン(0dB-12dB)-「メイクアップゲイン」コントロールを使用すると、出力信号に追加のゲインを適用して、圧縮によって適用される減衰を「補う」ことができます。
AutoSolo-「AutoSolo」コントロールを使用すると、変更中のバンドを自動的に試聴できます。これは、周波数範囲を調整する際に、帯域の周波数成分を決定するのに役立ちます。

エキスパンダー

「エキスパンダー」コントロールは、コンプレッサーの主な動作をマルチバンドコンプレッサーからマルチバンドエキスパンダーに切り替えます。

Expanderモードでは、信号がバンドのスレッショルドを下回ると、ゲインリダクションカーブが適用されます。

キー入力

「Ext。Key」コントロールを使用すると、コンプレッサーを駆動する信号としてサイドチェーンを使用できます。キー入力が有効な場合:

メイン入力メーターとスレッショルドは、メイン入力ではなく、KEY(サイドチェーン)入力を基準にします。
バンドが(自動ソロを使用して)ソロになると、サイドチェーンではなく、メインの信号入力が聞こえます。
キー入力信号にサイドチェーンEQをかけます。
サイドチェーンEQ-サイドチェーンEQはシングルバンドイコライザーです。バンドの形状(ハイ/ローパスフィルター、ベル、またはハイ/ローシェルフ)を設定することにより、4つのバンドのそれぞれで圧縮を駆動する信号を変更できます。たとえば、フィルターを使用してサイドチェーン入力からすべての高周波数を除去し、低周波数エネルギーのみを使用してコンプレッサーバンドを駆動することができます。

AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles | 特徴

AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles

・インテリジェントなアルゴリズムにより、最小限の労力で優れた結果を得ることができます。
・希望の周波数範囲にダイヤルインするのに役立つバンドソロとオートソロ機能。
・RTAアナライザーの表示は、問題の周波数範囲を特定するのに役立ちます。
・各帯域で最大12dBの減衰が可能です。
・専用EQを備えたサイドチェーンの「キー」入力。
・「ライブ」での使用に適したゼロレイテンシ処理。
・「拡張」モードは、追加のクリエイティブ効果を提供します。
・「Ear」アイコンは、モーメンタリバイパス機能を有効にします。これにより、マウスボタンを押している間、影響を受けていない信号を試聴できます。ボタンを離すと設定が復元されます。
・「歯車」アイコンは、サイズ変更、テーマの選択、プラグインのバージョン番号などの追加機能を含むメニューを起動します.
・別の「ビンテージ」テーマでは、Harrisonの大判コンソールソフトウェアの配色を使用しています。

AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles | 起動要求

MacOSX10.7以降が必要(macOS10.10以降を推奨)
Windows7以降が必要
プラグイン仕様
対応フォーマット-AAX、VST、VST3、AU
ホストDAWサポート:
ProTools10.3.5以降が必要(インストール時にAAXフォーマットを有効にする)
ロジック(インストール時にAUフォーマットを有効にする)
Cubase(インストール時にVSTおよび/またはVST3フォーマットを有効にする)
他のほとんどのDAW(インストール中にVSTフォーマットを有効にします)

AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles | 購入

AVA Multiband Compressor by Harrison Consoles

通常¥13,699のところ、89%OFFの¥1,385となっています。(記事作成時為替相場参照)

AVA Multiband Compressor セールの終了日は2022/09/11(日)までです。


⇒ AVA Multiband Compressor の購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました