RootOne by Leapwing Audio | 完全なローエンド制御のためのプラグインが30%OFF

leapwing-audio-rootone Plugins
leapwing-audio-rootone

RootOne by Leapwing Audio

30%OFFのセール中です。


⇒ RootOne の購入はこちらから。

詳細は以下からご確認ください。

RootOne by Leapwing Audio [30%OFF]

ローエンドで妥協しないでください。RootOneは、サブハーモニック周波数を生成および形成する新しい方法としてゼロから設計されました。Leapwingは、可能な限りクリーンなローエンドを作成し、オリジナルと位相を合わせて、1つのソースから来たようなサウンドを作成することに着手しました。RootOneには、カスタムクロスオーバー周波数で3つの低周波数帯域が付属しています。各バンドは、選択したバンドより1オクターブ上の周波数を探し、振幅と位相を注意深く分析した後、そのバンド内でクリーンサウンドを生成します。

位相調整されたサブハーモニクスジェネレーター

従来のサブハーモニクスジェネレーターは、バンドパスされたピッチシフト信号を使用するため、元のサウンドから切り離されることがよくあります。そのため、Leapwingは独自のピッチ&フェーズトラッキングアルゴリズムを開発し、それをクリーンなシグナルジェネレーターと組み合わせることを選択しました。

サチュレーション、ダイナミクス、ディケイを完全にコントロール

4番目のサチュレーションバンドを使用すると、低中域のハーモニクスを作成でき、ローエンドのトーンとサウンドを完全に制御できます。低周波数帯域のそれぞれは、ダイナミクス、ディケイ、ドライブも制御できます。

使いやすく直感的なGUI

Leapwingは、貴重な創造的な時間を無駄にすることなく、使い始めた瞬間から良いサウンドのプラグインを構築することを目指しています。Leapwingは数え切れないほどの時間を研究開発に費やし、すべてのバンドを視覚化する最良の方法を検討して、すべてを直感的に調整できるようにしました。

RootOne by Leapwing Audio | 特徴

RootOne by Leapwing Audio

・UniqueSubharmonicsGenerator:最もクリーンな低周波を生成する独自のアルゴリズム。
・ピッチフォロワーと位相アライメント: 単に信号をピッチシフトする代わりに、Leapwingは高度な分析を使用して、ソースと位相が揃ったサブハーモニクスを生成します。
・フル・ハーモニクス・シェーピング:サチュレーション・モジュールを使用すると、ミッドレンジのハーモニクスを成形して、小型スピーカーでカットスルーすることができます。
・究極のダイナミクス、ドライブ、ディケイコントロール:新しく生成されたサブハーモニクスを形作るための強力なコントロール。
・シンプルでありながら美しいデザイン:最適なワークフローに焦点を当てた、ユニークなデザインの美しいサイズ変更可能なRetinaインターフェイス。
・Leapwingは、これまで存在しなかった、または不可能だった革新的な新しいソリューションの作成に注力し続けることで、現状に挑戦し続けています。RootOneで、彼らは4番目のプラグインをリリースしました。以前のプラグインと同様に、この新しいプラグインは必要性と経験から生まれました。Leapwingの共同創設者であるRobinReumersは次のように説明しています。それらはしばしばローエンドで位相シフトを引き起こし、新しく生成されたサウンドが元のサウンドから切り離されたように聞こえます。そのため、低周波を生成するための新しいアプローチを開発したいと考えました。」
・この追求により、Leapwingチームは独自のピッチ、位相、および振幅追跡アルゴリズムを作成するようになりました。これにより、ユーザーは可能な限りクリーンなサウンドを生成し、位相を元のサウンドに揃えることができます。 
・RootOneが誕生し、カスタムクロスオーバー周波数で3つの低周波数帯域を設定できるようになりました。各バンドは、選択したバンドより1オクターブ上の周波数を探し、振幅と位相を注意深く分析した後、そのバンド内でクリーンサウンドを生成します。 
・各バンドは、ユーザーが以下を制御できます。
・Drive:サチュレーションセクションへのレベルセンド。
・ダイナミクス:制限されたダイナミクスから完全なダイナミクスまで、元の振幅形状を追跡することで、ローエンドをどの程度ダイナミックにするかを制御できます。
・減衰:タイトな減衰から拡張された減衰まで、さまざまな可能性を通じて振幅減衰曲線を形成します。
・そして最後に重要なこととして、追加の4番目の「ハーモニクス」バンドがあり、中低域に集中しており、ここでサチュレーションを加えることができます。これにより、小さなスピーカーでも低周波サウンドをカットすることができます。ローエンドをコントロールし、これまで不可能だった新しい可能性を生み出します!

RootOne by Leapwing Audio | 起動要求

マック
MacOSX10.10+(64ビットのみ)
ウィンドウズ
Windows8、10(64ビットのみ)
フォーマット
AAXネイティブ
VST
VST3
AU

RootOne by Leapwing Audio | 購入

RootOne by Leapwing Audio

通常¥30,368のところ、30%OFFの¥21,212となっています。(記事作成時為替相場参照)

RootOne セールの終了日は2022/09/04(日)までです。


⇒ RootOne の購入・詳細はこちらから。



TOPページへ


タイトルとURLをコピーしました